よくあるご質問(スタイロフォーム)

湧水処理

同じドレイナーパネルでも内装下地材の施工をGLボンドによらず、室内側に面する部分にプラ面木を取り付けた「ドレイナーパネルPM」という製品がございます。内装下地材を直接、そのプラ面木にビス留めすることができます。

使用地の地下水位や季節ごとの変動、湧水量を勘案しながら決定して頂いています。
物件実績としては、DL-50が多く採用されています。

ドースイライナーの湧水処理能力  [ マニングの式による理論値:水勾配1/200 ]

品番 厚さ
(mm)
溝の深さ
(mm)
湧水処理能力
(ℓ/min)
DL-25 25 13 20.8
DL-30 30 15 26.5
DL-35 35 20 42.7
DL-40 40 25 62.0
DL-45 45 25 62.0
DL-50 50 30 84.0
DL-55 55 30 84.0
DL-60 60 35 108.6
DL-65 65 35 108.6
DL-75 75 40 135.7
DL-100 100 40 135.7
*参考 配水管(φ50)=10.9ℓ/min

ドレイナーパネルは専用のエポキシ樹脂系接着剤により後張り施工で行います。

駐車場を利用する、普通車の重量と衝撃荷重を加味した圧縮応力により算定した、押さえコンクリートの必要厚みを示しています。
ドースイライナーの許容圧縮応力は一定ですので、コンクリートの厚みによる応力分散効果により、ドースイライナーがつぶれないように想定しています。

一般的にドースイライナーの表面にGL工法(GLボンド・団子張り)にてプラスターボードを施工しています。両面テープと接着剤を併用した密着張り工法もございます。 [コニシ ボンドTM工法]