スタイロスプレーフォームBNew

スタイロスプレーフォームB

鉄筋コンクリート造建築物用
吹付け硬質ウレタンフォーム

世界最大級のウレタン原料メーカーであるダウ・ケミカル社の技術を活用した吹付け硬質ウレタンフォームです。難燃材料・難燃3級に相当します。

スタイロスプレーフォームBの特長

1.高い断熱性能

熱伝導率は 0.022[W/(m・K)]ですので、従来のB種(代替フロンを用いた耐力性吹付けウレタンフォーム)品と同等の断熱性能を有しています。

2.環境への配慮

ノンフロン HFOガス使用。
ノンフロン&ノンホルムアルデヒドで環境に優しい製品です。

3.目地のない断熱層

連続した断熱層を形成しますので、熱損失も少なく、優れた断熱効果が得られます。

4.優れた難燃性

難燃材料相当品(ISO-5660試験法(コーンカロリーメーター試験))に適合します。
難燃3級相当品(JIS A 1321 「建築物の内装材料及び工法の難燃性試験方法」難燃3級表面加熱試験)に適合します。

5.施工期間の短縮

スタイロスプレーフォームBは、サッシ廻りや梁・柱廻りなど複雑な形状にも吹付けができ、工期の短縮・人件費の削減に寄与します。

2020年までに脱HFCへ

地球温暖化への影響が大きいとされるHFC(ハイドロフルオロカーボン)の生産量の段階的な規制が進んでいます。現場発泡ウレタンは2020年までに発泡剤HFCガスの全面廃止とする方針が決定され、新たなる発泡剤HFOガスを使用した硬質ウレタンフォームへの切り替えが求められています。
※HFO(ハイドロフルオロオレフィン)はHFO-1233zdを差します。

吸水性試験

試験体の浸漬後の断面写真

試験体の浸漬後の断面写真
(左:スタイロスプレーフォームB、右:水発泡品)

スタイロスプレーフォームBは吸水性が低いので、写真の左のように赤インクに浸漬し30分経過しても表面を伝わるだけで内部には浸透しません。

試験体のセルの拡大写真

試験体のセルの拡大写真1

<スタイロスプレーフォームB>

試験体のセルの拡大写真2

<水発泡品>

HFOガスの特長

スタイロスプレーフォームBの発泡剤は、オゾン破壊係数 (ODP) と地球温暖化係数 (GWP) の値が極めて低いHFOガスを使用しています。従来のHFCガスに比べ地球温暖化係数は1000分の1程度の環境に優しい新発泡剤です。

発泡剤 HFO 1233zd HFC 245fa HFC 365mfc HFC 134a CO²
オゾン層破壊係数(ODP) 0 0 0 0 0
地球温暖化係数(GWP) 1 1030 794 1430 1

※2020年までに廃止予定。

※GWP(100年値)はIPCC第4次レポートの値を記載(HFOのみ第5次レポートの値を記載)

スタイロスプレーフォームBの物性

  単位 物性 JIS規格値 試験法
圧縮強さ kPa 80以上 80以上 JIS A 9526:2015
熱伝導率 W/(m・k) 0.022 0.026以下 JIS A 9526:2015
接着強さ(合板) kPa 80以上 80以上 JIS A 9526:2015
透湿率 ng/(m・s・Pa) 9.0以下 9.0以下 JIS A 9526:2015
燃焼性 sec. 120以内 120以内 JIS A 9526:2015
燃焼性 mm 60以下 60以下 JIS A 9526:2015
難燃性 - 難燃材料相当 - JIS A 9526:2015

スタイロスプレーフォームBの施工例

スタイロスプレーフォームBの施工例1

スタイロスプレーフォームBの施工例2