外張断熱工法

構造材の外側にスタイロフォームを用いて断熱層を設ける工法です。
構造体の外側に気密層を施工しますので、施工性と気密性の確実性が高まります。

外張断熱工法の特長

1.健康で快適な生活

各部屋の温度差が少なくなるため、床や壁面が冷えないのでやわらかい暖かさで体を包みます。トイレや浴室も暖かくなるので、真冬のヒートショックによるストレスが軽減されます。
昼夜の温度差も少なくなり、開放的な間取りが可能となります。

2.少ないエネルギーで全室全日暖房が可能

高断熱化により屋根、壁、床、開口部からの熱ロスが少なくなります。
気密性が良いので換気による熱ロスが少なくてすみます。冷暖房用エネルギーを低減し、地球温暖化防止に貢献するとともに、電気代等の節約にも寄与します。

3. 耐久性に優れた価値ある住宅が実現

内部結露の心配がほとんどありません。
結露によるカビ、ダニが発生しにくくなる為、これらが原因のアレルギー疾患等が軽減されます。
壁体内結露による木材の腐朽や建材の劣化が抑制されるため、建物の寿命を縮めないので、資産価値も大きくなります。

施工方法

屋根断熱 夏場のほてり解消

使用製品

遮熱機能を備えた断熱材 スタイロラスター
または、
高性能住宅断熱材 スタイロエース-Ⅱ

温暖地においては、スタイロフォームに遮熱性を付与したスタイロラスターの使用が効果的です。

壁断熱 温度差解消 内部結露ブロック

使用製品

高性能住宅断熱材 スタイロエース-Ⅱ

壁の気密仕様

断熱材2層 目地ズラシ

柱や土台など構造体の外側にスタイロエース-Ⅱを2層張る工法により、壁の中に何もないので、壁の中の温湿度は部屋とほぼ同じに保たれ、壁内結露の心配がありません。
スタイロエース-Ⅱを”2層張る”ことで、材料隙間がカバーでき、高断熱化と同時に高気密化が実現します。

気密シート張り

より優れた気密化を実現。
その秘密はスタイロエース-Ⅱ1層張りの内側に”気密シート”を張ることによりさらに気密性能がグレードアップ!快適な居住環境と建物の健康のための最適断熱工法です。

板状気密材+目地気密テープ

優れた気密性能に耐震性を付加したシステム。
スタイロエース-Ⅱ1層張りの内側に、構造用合板を施工することにより、気密性能と構造強度が大幅アップ!理想的な断熱システムと耐久性を得ることに成功しました。

基礎・基礎外側断熱 シロアリをブロック/クラックを発生しにくくする

使用製品

防蟻断熱材 スタイロフォームAT
直塗り仕上げ材 パツモル太郎
耐アルカリ性ガラス繊維ネット パツモルネット

シロアリの被害が想定される地域では、基礎外側断熱とする場合、断熱材が蟻害にあう危険性が高くなりますので「スタイロフォームAT」をご使用ください。

  • スタイロフォームは紫外線によって劣化します。
    施工後は速やかに仕上げを施すか養生シート等で覆い、紫外線による劣化を防止してください。

■施工手順

■外張断熱工法のパイオニア
 スタイロハウスシステムSHS

北海道SHS会

東北SHS会

■参考:施工要領(押出法ポリスチレン工業会)

屋根廻り

外壁廻り

基礎・床廻り

サイズ

製品名 厚さ(mm) 幅×長さ(mm)
スタイロエース-Ⅱ 20/25/30/35/40/45/
50/55/60/75/90/100
910×1820
スタイロフォームAT 25/30/40/50/100
  • ※新築の基礎外側断熱にはスタイロフォームATを使用し、同時打ち込みとしてください。
    基礎外側の後貼りは、断熱材裏面からのシロアリ這い上がり等が生じる可能性が高くなるので実施しないでください。

副資材

  • 気密くん、気密くんⅡ

    高断熱・高気密住宅用テープ

    光洋化学(株)
    TEL: 03-3379-5361

  • インサルパック(スプレーウレタンフォーム)

    開口部廻り、セパ穴、断熱欠損部等の断熱補修材

    (株)エービーシー商会
    TEL: 03-3507-7240

  • パネリードⅡ

    外張断熱用のビスで通気胴縁の割れを防ぎ、高い強度と部材同士の引き寄せ効果を高める。

    シネジック株式会社
    TEL: 022-351-7330

  • サイズ(mm) ネジ外径 全 長
    パネリードⅡ 6.0 90~200