ライトフィルブロック

高強度発砲スチロールブロック

EPS工法を支える、高強度発砲スチロールブロック

EPS工法は、発泡スチロールを軟弱地盤上の盛土や擁壁裏込めに用いることで、構造物の超軽量化や土圧軽減を可能にした画期的な土木工法です。
発泡スチロールの重量は土砂の約1/100で、耐圧、耐水性に優れた材料です。

ダウ化工はこの優れた材料特性に着目して、1985年に日本で最初に橋梁取付道路盛土にライトフィルブロックを施工し、従来工法と比較して工期短縮や経済的構造設計など、トータルコスト節減に大きな成果をあげました。

ライトフィルブロックの特長

1.経済性

工期短縮、用地節約、土止め工事や仮設工事の節減など、トータル工事費削減に大きな効果があります。

2.施工性

施工に重機は不要です。
軟弱地盤上や急斜面地、隘路でも人力による急速施工が可能、現場加工も簡単です。

3.軽量化

重量は土砂やコンクリートの1/100で人力による運搬が容易です。

4.自立性

積み上げるとコンクリートのように自立しますので、直立壁として設計可能です。

5.耐久性

素材がポリスチレンで、独立気泡構造ですから吸水しにくく、耐久性に優れています。

ライトフィルブロックの施工例

急傾斜地の拡幅盛土

擁壁の背面盛土

軟弱地盤盛土

護岸・裏込め(改修)

橋台の裏込め

橋台の取付・道路盛土

自立壁

橋の取付道

構造物の保護

埋設管保護

公園盛土

人工地盤盛土

プール嵩上げ

橋梁歩道部の嵩上げ

建築基礎の軽量化