ピットワーク

スラブ用断熱型枠

スラブ用断熱型枠

ピットワークは、スタイロフォームと特殊フィルムを一体成型加工した型枠兼用断熱パネルです。
型枠用合板が不要のため、バタの上にフィルム面を下側にして直接敷き並べることができます。
作業工程の短縮・省力化が図れます

ピットワークの特長

1.合理化・省力化・工期短縮を実現

型枠合板が不要の捨て型枠工法により、大幅な合理化・省力化・工期短縮が可能です。

ピットワークの特長

2.優れた断熱性能

基材にはスタイロフォーム(押出法ポリスチレンフォーム断熱材3種bA品)を使用しておりますので、優れた断熱性を発揮します。

3.高い信頼性

ピットワークの特長

1991年の発売以来、全国で3,000件を超える実績と1998年度の建設技術評価認定で
その信頼性が証明されました。

ピットワークのサイズ・物性

ピットワークのサイズ・物性

  単位 PW-30 PW-35 PW-40 PW-45 PW-50
厚さ mm 30 35 40 45 50
幅×長さ mm 910×1820 910×1820 910×1820 910×1820 910×1820
許容曲げ応力度(fb) N/cm² 27 22 22 22 22
曲げ剛性(EL)(1cm幅当り) N/cm² 4,900 5,900 8,800 11,800 17,600
コンクリート付着力 N/cm² 20 20 20 20 20
ピットワークの重さ kg/枚 約1.9 約2.0 約2.3 約2.6 約2.9
熱抵抗 m²・K/W 1.1 1.3 1.4 1.6 1.8

※支保工の端太間隔算定などで上記以外のピットワークの機械的特性が必要な場合は、お問合せフォームにて、厚み・特性項目をご用命下さい。

基材物性

JIS A 9521:2017「建築用断熱材」 押出法ポリスチレンフォーム断熱材

JIS規格/単位 スタイロエース-Ⅱ 試験法
JIS製品記号JIS A 9521XPS3bA-
スキン層 *1 - なし -
密度 kg/m³ 25以上JIS A 9521
熱伝導率 *2 W/(m・K) 0.028以下JIS A 9521
透湿係数 *3 ng/m²・s・Pa 145以下JIS A 9521
圧縮強さ N/cm² 20以上JIS A 9521
曲げ強さ N/cm² 25以上JIS A 9521
燃焼性 *4 - 合格JIS A 9521
吸水量 g/100cm² 0.01以下JIS A 9521
ホルムアルデヒド
放散区分
- F☆☆☆☆JIS A 9521
加熱変形温度 *5 80ダウ法
線膨張係数 cm/cm・℃ 7×10-5ASTM D 696
比熱 kJ/kg・K 1.1ASTM C 351
酸素指数 *6 - 26以上JIS K 7201
  • *1:発泡プラスチック断熱材の発泡時に断熱材の表面に成形される基材の樹脂層(JISA9521用語の定議)
  • *2:第三者機関による公的データが必要な場合があります。その際は弊社までお問合せください。
  • *3:厚さ25mmの場合。
  • *4:3秒以内に炎が消えて、残じんがなく、かつ燃焼限界指示線を超えて燃焼しないこと。
  • *5:高温での使用については弊社までお問合せください。
  • *6:材料を持続的に燃焼させるために必要な最低酸素濃度。26未満は消防法の取扱いにより指定可燃物となります。

根太ピッチ早見表

ピットワーク 根太の種類 スラブ厚み(mm)
150 180 200 220 250 300
PW-30
PW-35
丸鋼管48.6φ @225 @200
角鋼管50・60□ @300 @260 @225
PW-40 丸鋼管48.6φ @300 @260 @225
角鋼管50・60□ @300 @260
PW-45 丸鋼管48.6φ @300 @260
角鋼管50・60□ @300
PW-50 丸鋼管48.6φ @300 @260
角鋼管50・60□ @300
  • ※根太ピッチ:芯々(mm)で表示。
  • ※根太ピッチの算出にはピットワークに作用する鉛直荷重を下記として算出した。
  • ●作用荷重:コンクリート荷重+ピットワーク自重+作業衝撃荷重(1.5kN/m²)
  • (参考文献:型枠の設計・施工指針 日本建築学会 第2版 2011年2月15日

ピットワークの副資材

推奨品(専用金物)

用途 形状 商品名等 備考 取扱商社
断熱材固定用

上端ジベル[40mm×50mm]
(通り出し金物)
釘打ち箇所の全てに使用してください。(梁との取り合い部にはL型ジベルと併用して使用する)
1,000個/ケース
※釘抜けタイプ
高島(株)
TEL:03-5217-7372
FAX:03-5217-7236
断熱材固定用

L型ジベル[70mm×70mm]
(通り出し金物)
梁との取り合い部に上端ジベルと併用して使用してください。使用数は梁部釘打ちピッチに準じてください。
500個/ケース
※桟木解体時に
釘と共に脱型可能

推奨品(一般市販品)

用途 形状 商品名等 取扱商社
断熱材固定用

ボードキーパーA
(4,000個/ケース)
プラ釘50・70(厚み別)
(50:5,000個/ケース)
(70:2,500個/ケース)
岡部(株)
TEL:03-3623-8181
FAX:03-3623-9707
断熱材への
丸セパジョイント

Sジョイナー(ねじ径 W5/16)
Sジョイナー50-20・25・30・38・40・50
(厚み別)400個/ケース
Sジョイナー50:500個/ケース
Sジョイナー80:500個/ケース
断熱材用
インサート

スライダートGSD
(転倒防止ツメ付タイプ)
カラー5色(100~250個/ケース)
(株)三門 東京営業所
TEL:03-3553-1321
FAX:03-3553-5600

ピットワークの注意事項

  1. 根太ピッチを守り、ピットワークのフィルム面が必ず下面になるように敷き込みしてください。

  2. 継ぎ手部分はダブル根太としてください。
    飛散防止のため、継ぎ手部分を桟木に仮留めしてください。

  3. ピットワークは強度に方向性があるため、根太は長手方向に対して直交するように配置してください。

  4. 使用できる端材の最小幅は300mm以上とし、根太は3本以上かかるようにしてください。
    それ以下の端材サイズのご使用はパネルの破断の原因となり危険です。

  5. ピットワークの目地に隙間が生じた場合は、コンクリートノロが漏れ出ないように目地テープ貼りを行ってください。
    養生テープは接着力が弱く、剥がれてしまうので使用しないでください。

  6. 鉄筋などの重量物をピットワーク上に置く場合には、保護板等を置いて荷重を分散してください。
    重量物の落下や角落としなどによってピットワークに凹みや割れが生じないように注意してください。

  7. 鉄筋用スペーサー(市販品)は断熱材専用のものを使用してください。

  8. ピットワークは溶接、圧接作業の火花により溶融、着火のおそれがあります。
    このような作業を行う場合は防炎シート等で適切な保護を必ずしてください。また、ピットワークは不燃材ではありません。

  9. ピットワークは紫外線によって劣化するため、保管時は養生シート等で覆うなどして直射日光に当てないように注意してください。
    またピットワーク敷き込み後のコンクリート打設はできるだけ速やかに行ってください。

  10. ピットワークは酸やアルカリには安定ですが、アルコール系以外の有機溶剤や鉱物性の油類には侵されますので注意してください。

  11. ピットワークは軽量で取り扱いが容易な反面、風にあおられやすいので、強風下での作業は行わないでください。

  12. フォームの屑が目に入った場合は、こすらずに流水で洗浄してください。

  13. 廃棄の際には、法令に従って処理してください。
    燃やすと黒煙(スス)が出ますので注意してください。

  14. ピットワークは燃焼遅延剤を添加して、微少火源では着火しにくくしてありますが、燃える性質があります。
    輸送、保管、施工にあたっては直接火気に触れないように注意してください。