スタイロフォームEX

省エネを促進する、バランスの取れた高機能断熱材

省エネを促進する、バランスの取れた高機能性

次世代型断熱材スタイロフォームEXは、断熱性、圧縮特性、難燃性など建築用断熱材に求められるすべての特性において、卓越した性能を発揮する断熱材です。

スタイロフォームEXの特長

1.優れた圧縮特性

押出法ポリスチレンフォーム保温板3種bの圧縮強さ20N/cm²を成し遂げたカットボードです。
様々な用途にご活用いただけます。

2.大幅な断熱性能の向上

熱伝導率0.024W/mKを実現。
押出法ポリスチレンフォーム保温板3種bに対し、断熱性能が15%向上しました。

3.優れた難燃性

酸素指数(LOI)が26%以上なので、消防法の指定可燃物には該当せず、保管等での規制はありません。

スタイロフォームEXのサイズ・物性

製品名 厚さ(mm) 幅×長さ(mm)
スタイロフォームEX30/45/50/55/60910×1820
  • ※上記以外のサイズは、弊社営業担当までお問合せください。

物性

単位 スタイロフォームEX 試験法
スキン層 *1 - なし -
密度 kg/m³ 25以上JIS A 9521
熱伝導率 *2 W/(m・K) 0.024以下JIS A 9521
透湿係数 *3 ng/m²・s・Pa 145以下JIS A 9521
圧縮強さ N/cm² 20以上JIS A 9521
曲げ強さ N/cm² 25以上JIS A 9521
燃焼性 *4 - 合格JIS A 9521
吸水量 g/100cm² 0.01以下JIS A 9521
加熱変形温度 *5 80ダウ法
線膨張係数 cm/cm・℃ 7×10-5ASTM D 696
比熱 kJ/kg・K 1.1ASTM C 351
比熱 kcal/kg・℃ 0.27ASTM C 351
酸素指数 *6 - 26以上JIS K 7201
ホルムアルデヒド
放散区分
- F☆☆☆☆JIS A 9521
  • *1:発泡プラスチック断熱材の発泡時に断熱材の表面に成形される基材の樹脂層(JISA9521用語の定議)
  • *2:第三者機関による公的データが必要な場合があります。その際は弊社までお問合せください。
  • *3:厚さ25mmの場合。
  • *4:3秒以内に炎が消えて、残じんがなく、かつ燃焼限界指示線を超えて燃焼しないこと。
  • *5:高温での使用については弊社までお問合せください。
  • *6:材料を持続的に燃焼させるために必要な最低酸素濃度。26未満は消防法の取扱いにより指定可燃物となります。