スタイロパネル

下地面材裏打パネル

下地面材裏打パネル

スタイロパネルシリーズは、ベニヤや石膏ボードなど建築に必要な資材とスタイロフォームを貼り合わせた二次加工品です。

スタイロパネルの特長・サイズ

スタイロパネルV「内装一般」

スタイロフォームとベニヤの複合板。
軽量で施工が容易な為、集合住宅の居室、押入れ等、内壁一般の幅広い用途に使用できます。

表面材 厚み(mm) 幅×長さ(mm)
ベニヤ 2.3/3.0/4.0/5.5 910×1820

※プリント合板もございます。長尺品は別途お問合せください。

スタイロパネルV「内装一般」

スタイロパネルP「内装一般」

スタイロフォームと石膏ボードの複合板。
集合住宅の内壁はもちろん、その質感と厚みのある特長から商業ビル等への使用に最適です。

表面材 厚み(mm) 幅×長さ(mm)
プラスターボード 9.5/12.5 910×1820

※耐水タイプもございます。長尺品は別途お問合せください。

スタイロパネルP「内装一般」

スタイロパネルK「耐水」

スタイロフォームと珪酸カルシウム板を組み合わせた複合板。
表面材は不燃で水に強いのが特徴です。一般住宅のキッチン、水廻りから、工場の内壁、商業ビル等幅広い用途に使用できます。

表面材 厚み(mm) 幅×長さ(mm)
珪酸カルシウム板 5.0/6.0/8.0 910×1820

※化粧珪酸カルシウム板もございます。長尺品は別途お問合せください。

スタイロパネルK「耐水」

スタイロコンパネ「型枠兼用」※九州地区のみ取扱い

スタイロフォームとコンパネを貼り合せた型枠兼用断熱パネル。コンクリートに同時に打ち込むことによって、スタイロコンパネ自体が、型枠材・断熱材・内装下地材に。

表面材 厚み(mm) 幅×長さ(mm)
合板 12.0 900×1800

※長尺品、加工品については別途お問合せください。

スタイロコンパネ「型枠兼用」

スタイロパネルM「内装一般」※北日本地区のみ取扱い

スタイロフォームと木毛セメント板の複合板。
表面材は準不燃で軽量のため、運搬、鋸引き、釘打ち等が簡単にできます。

表面材 厚み(mm) 幅×長さ(mm)
木毛セメント板 20/25/30 910×1820

※長尺品、加工品については別途お問合せください。

スタイロパネルM「内装一般」

スタイロパネルの基材サイズ・物性

製品名 厚さ(mm) 幅×長さ(mm)
スタイロフォームIB/B2 15*/20/25/30/40/50 910×1820
スタイロエース-Ⅱ 20/25/30/35/40/45/50/55/60/65/75/100 910×1820
  • ※IB 15mmはJIS規格外品です。
  • ※一部の銘柄については、販売地域が限定されます。
  • ※基材を「スタイロフォームEX」、「スタイロフォームFG」にすることも可能です。
  • ※上記以外のサイズは、弊社営業担当までお問合せください。

基材物性

JIS A 9521:2017「建築用断熱材」 押出法ポリスチレンフォーム断熱材

JIS規格/単位 スタイロフォームIBスタイロフォームB2スタイロエース-Ⅱ 試験法
JIS製品記号JIS A 9521XPS1bCXPS2bAXPS3bA-
スキン層 *1 - なしなしなし -
密度 kg/m³ 20以上25以上25以上JIS A 9521
熱伝導率 *2 W/(m・K) 0.036以下0.034以下0.028以下JIS A 9521
透湿係数 *3 ng/m²・s・Pa 145以下145以下145以下JIS A 9521
圧縮強さ N/cm² 16以上18以上20以上JIS A 9521
曲げ強さ N/cm² 20以上20以上25以上JIS A 9521
燃焼性 *4 - 合格合格合格JIS A 9521
吸水量 g/100cm² 0.01以下0.01以下0.01以下JIS A 9521
ホルムアルデヒド
放散区分
- F☆☆☆☆F☆☆☆☆F☆☆☆☆JIS A 9521
加熱変形温度 *5 808080ダウ法
線膨張係数 cm/cm・℃ 7×10-57×10-57×10-5ASTM D 696
比熱 kJ/kg・K 1.11.11.1ASTM C 351
酸素指数 *6 - 26以上26以上26以上JIS K 7201
  • *1:発泡プラスチック断熱材の発泡時に断熱材の表面に成形される基材の樹脂層(JISA9521用語の定議)
  • *2:第三者機関による公的データが必要な場合があります。その際は弊社までお問合せください。
  • *3:厚さ25mmの場合。
  • *4:3秒以内に炎が消えて、残じんがなく、かつ燃焼限界指示線を超えて燃焼しないこと。
  • *5:高温での使用については弊社までお問合せください。
  • *6:材料を持続的に燃焼させるために必要な最低酸素濃度。26未満は消防法の取扱いにより指定可燃物となります。